スポンサーリンク

夫との食い違いどうする?~60代からの賃貸住まい探しその2

部屋探しの話続きます。

昨年暮れのことからなので、少し話が前後しますがよろしければおつきあいください。

スポンサーリンク

早く引っ越してきたい夫と約束が違うと思う妻と。


新しい職場の研修のため、一足先に夫が上京して1か月が経ちました。

当初、夫は私が今の家を整理して引っ越すのは「仕事が軌道に乗って2-3か月して落ち着いてから、引っ越しのことを考えればいい」そう私に言っていました。ですから私もそのつもりでいました。

ところが、実際夫の東京での仮住まい生活が始まった途端、夫は不動産屋周りを始めたのです。

「え?なに?早すぎない?」みどり子心の声です。

c081e45d8bd710fba7db3c2de7f4d3d4_s.jpg

まあだいたい、引っ越し先も引っ越し時期も決まる前に「引っ越し一括見積サイト」に申し込んでしまうような人ですから。その話はこちらから。→引っ越し業者に見積もりを出してもらうって~引っ越し侍とは

というのも夫の仮住まいである会社の寮というのが、一人部屋だと思ったらそうではなかったらしいのです。

2DKの借り上げマンションの部屋に、別の社員の人と2人での共同生活だったのです。もちろんそれぞれ一部屋を寝室として使っているようなのですが、風呂、トイレ、キッチン、備え付けの冷蔵庫、洗濯機、当然全部共有。

いきなり見ず知らずの他人とマンションの部屋で2人の共同生活って、そりゃ60代のおっさんにはきついでしょ。

きっとその状況から一日も早く抜け出したいと思ったのだと思います。夫はそうは口にしていませんが。

み「だって仕事に慣れて3か月くらいしてから、引っ越せばいいって言ってたじゃん」

夫「そんなこと言ったっけ?」

み「言ったよ!(怒)」

夫「ひとりでその家に住んでいても無駄だろ、電気代とか灯油とか。」

みどり子心の声(いまさら?)

夫「早く引っ越したほうがいいと思うから、物件探ししてるんだよ」

みどり子心の声(それ、自分がひとりで不便だからでしょ!!)

そんなこんなのやりとりはありますが、またまた夫が先走って部屋探しを始めたのです。

★ポチッとしていただくと励みになります。↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

近くの2DKか遠くの3DKか。


上京した夫から、すぐにこんなlineが届きました。

夫「早速 会社から聞いた不動産屋に行ってきた。

今空いているところで予算に見合うところを見せてもらった。

今は保証人を立てるところはなく、保証保険でまかなうところがほとんどだと言っていた」

そう言って送ってきた写真と間取り図の写メは2DK 41平米 築25年の物件。

夫「この部屋は〇〇駅(夫の勤務予定先の最寄駅)から歩いて五分くらいのところ。

ここだと寝室がひとつになるかもしれない」

みどり子心の声(なるかもしれないって、2DKなら必然的にそうなるでしょ!)

夫「もし一緒に部屋が嫌なら2LDKか3LDKになそうなるするとここらへんじゃ10万円超えてしまう。

〇〇駅あたりならいけるかもしれないけど。

このアパートの場所は駅から近いし、商店街もすぐそばにあるから日常的に使うものなら歩いて十分買い物ができる。悪い土地ではない印象。食べ物屋はあまりないけど」

その物件、名前はマンションっぽいけれど夫が撮った写真で見る限り、どう見てもアパート。そしてその部屋は1階だという。

しかも図面と写真を見るとクローゼットがない。1間の押し入れと半間の奥行きの狭い押し入れ。真ん中に板があるからどう見てもクローゼット代わりにはなりそうもない。

これは私としては即却下。

融通が利く不動産屋っていう話は?嘘?


昨年夫が首都圏での転職を希望していることを私に告げたとき、心配性の私がとても不安に思ったのが、「貯蓄もない、今現在収入もない、昨年の収入は夫が病気で休んでいたこともあり極端に少ない」そんなないない状態の60代夫婦に、賃貸物件を借りることができるのだろうか?ということ。

心配しすぎかもしれませんが、夫はその時も

夫「会社の懇意にしている不動産屋があって、融通を利かせてくれるから大丈夫だと言ってる」

夫「おまえが不安がっているから、聞いてみたけどそれは心配には及ばないって言ってる。」

全面的にまだよく知りもしない、転職先の担当者の言葉を100パーセント信じていました。

まあ信じなきゃ転職もできないよね。

だけど不安。その辺の話はこちらに。↓

60代からの賃貸物件探し~シニアの引っ越し

60代の賃貸物件検索して思うこと~毎日間取り図見ています。

実際、最初に夫が行ったのは会社から教えてもらった不動産屋のようでした。ところが次に今度はメールでいくつも物件のファックスの写メを送ってきたのです。

それを見ると別の不動産屋の名前が書かれていました。

「え?どういうこと??」

不動産屋を渡り歩く夫の真意は?


み「物件写メ見たけど、この前の不動産屋と違うみたいだけど?」

夫「これはネットで調べたアパート。そこに書いてあった不動産屋に問い合わせてみて行ってきた」

夫「会社に紹介してもらった不動産屋の条件に合う物件は、この前lineで送った物件だけしか今は空いてないというから」

み「・・・・・・」

み「会社に紹介してもらった不動産屋じゃないと、契約するの難しいんじゃないの?今収入がないわけだし」

夫「そうでもないみたい。この前話したように今は保証人をつけるところはほとんどなく、保証保険でまかなうようだから」

み「保証人の問題だけでなく、収入の問題。去年の収入証明とか出さなきゃならないでしょ?ほとんどないじゃん!」

夫「だから保証保険を使うから収入のことは問題にされないと思う。 もしほかの不動産屋が収入を云々するなら、この前みせてもらったところ(2DK41平米アパート)にするしかない」

み(するしかないって・・・・1件しか紹介してくれない不動産屋で・・・それに決めろって?)

夫「今週末、またほかの不動産屋に当たって詳しく聞くつもり」

み(またほかの不動産屋に行くんかい!)

み「〇〇駅なら これくらいの条件の物件。それを会社が紹介してくれた不動産屋で扱ってないか聞いてみて」

夫「だからそこでなきゃならないってことはないよ。所得証明が必要だとみどり子が言うから、会社が懇意にしている不動産屋に聞いただけ」

み「私は、会社が紹介してくれる不動産屋なら融通を利かせてくれると以前から言っていたから、それなら安心なのかなと思っていたんだけど」

夫「だからその不動産屋に聞いたけど、審査に通るかどうかを決めるのはあくまでも大家だから、不動産屋が融通を利かせるということではないんだって」

み(・・・・そんなこと、とっくに知ってる。会社が懇意にしてる不動産屋なら融通を利かせてくれるって言ったのあんただよね???)

こんな押し問答が続いて、もうすでにほとほと疲れきっているみどり子です。

み「ともかく、最初に送ってきた2DKの物件は却下」

そう言ってその日の夫とのやりとりは終了したのでした。

みどり子夫婦の物件探し、続きます。

コメント

紺子

みどり子さん
今年もよろしくお願いしますm(__)m
コメントするのはお久しぶりです。ブログは拝読してますよ♪
賃貸住宅探し…わたしは結婚して5年、東京近郊のアパートでたしか38平米だったかな
無理やり2DK?キッチンと食卓が置けるスペースに6畳と4畳半の和室、という部屋に住んでました
御主人が最初に紹介された部屋と似てる感じ?
新婚さんかまたは子が小さい家庭用って雰囲気でしょうか…?
みどり子さんの長年の奮闘でついに道が拓き、転居という大断捨離の機会を得られたのは素晴らしいと感動しております
が、これまで広い住宅にお住まいになってたのが、狭い賃貸でご主人と顔を突き合わせる日々となりますよね、勝手ながら少し心配しております(;'∀')
住宅探しってほんと大変だと思いますけど、粘って妥協されずに、それぞれの個室が確保できるお部屋が見つかりますように!応援してます!
(私も個室がほしい~~~)


しずる

賃貸探しの場合、不動産屋さんいくつも周るのは普通と言うか
寧ろそうすべきところです。
『他のところでこういうのを紹介して貰いましたが、
これより良い物件有りますか?』的な感じで、私は渡り歩きます。

また逆に、紹介して貰った物件を最初に言わず、
敢えて同じ物件を紹介させて、条件の違いを確認したり。
物件についての情報や不動産屋に不審なところが無いかも、そうやって確認します。
『あれ?あの不動産屋では○○料ってあったけど、こっちにはないな・・・』とか。
あと、不動産屋によって、紹介手数料も半月だったり無料だったり異なるので
あちこち回って物件が決まれば、最終的に手数料無料の不動産屋さんで契約したrげふんげふん
大抵、物件が分かっていれば、どの不動産屋さんでも契約は可能かと。
時々、地元の不動産屋でしか扱ってないのもあったりもするけれど。

ちなみに、人の移動が多い引っ越しシーズンは家賃の相場も
引っ越し料金も全体的に上がるので、その辺りも一応頭の片隅に。
(もしかして旦那さんが急いでいるのはそのせいかな?)
引っ越しする人が多い時期は、上記がデメリットですが
選択肢も増えるところはメリットでしょうか。

ずっと払い続けるものですから、交渉がんばです!
と、一般的な情報をつらつらと・・・

----

収納については、『あるかないか』が境目であり、
『クローゼット』がある物件で絞るのは結構難しいと思いますよ。
押入れが基本なので、古い建物ほどクローゼットは希少かなと勝手に思っています。
(個人的には天袋があると大変うれしい(笑))
良い物件見つかれば見てるこちらも嬉しいので、応援しています(ぐっ)

----

旦那さんの『電気や灯油代が無駄』という発言については、
いや、引越したら家賃発生するんやで?とおもわずツッコミを入れたのですが(笑)
『会社の寮費とか生活費+北の生活費』の現状と、
『引っ越し後の賃料+生活費』の差額そんなにあるのでしょうか?
税金とかもろもろあるのかな...その辺は分からない子(///)

ちー

物件探し
みどり子さん、こんにちは。
物件探しは大変ですね。
以前、友人が出産数ヶ月前に切迫早産になりかけたことがあり、絶対安静の時期に旦那さんの転勤が決まり、旦那さん一人で物件を決めたそうです。友人曰く「よくここで決めたと思うような物件」らしいですよ。
男性はあまり家にいないし家事もしない?せいか、女性とは家を見る目選ぶポイントが違うのかな、とも感じます。

私自身は会社紹介って、あまりあてにならないと思うので(会社指定なのに条件外のものがあったり、図面上問題ないけど実物はガッカリ物件etc. )、最終的には会社の条件に見合うものを自分達で探して契約しています。
といっても物件のピックアップから契約まで1日で終わらせるので、ひとえに対応してくれる不動産会社の方の力にかかってますが(^^;

ただでさえ引っ越しはストレスがたまるもの、夫婦で意見が食い違う、思い違い、勘違い、先走ったり...本当に大変ですね。
電話じゃなく、ラインで会話した方が言葉が証拠として残るので、旦那様にはいいのかもしれませんね。余計なお世話ならすみません。

真由美

2DKですか
みどりこさん、こんにちは。
お久しぶりです^^)
2DKだったら無理やり旦那さんと一部屋ずつでとにかく
夫婦は別部屋の方がお互いいいと思います。
うちも3DKですが無理やりひとりずつで、私はせまいですがとにかく寝る時は一人が疲れないのでくふうしています。
リビングが欲しいけど仕方ないです。
難しいですね落ち着くまでなんか、腰掛け気分で、、
ストレス溜めないように体に気をつけてくださいね

断捨離好き

保証会社でも所得証明は必要です
はじめまして、いつも楽しくブログ拝見しております(^^)

都心で引っ越しを10回ぐらいしてきたものです。保証会社を使う場合でも、借主である旦那様の所得証明として確定申告書などを、保証会社に提出することは必要です!
例外的に求めない貸主もいますが、家賃8万円未満の物件を年収1500万円の所得証明を出せる人が借りる場合など、明らかに支払いに心配がない場合のみです。ほとんど全ての場合で所得証明は保証会社を使う場合で必要になります。みどりこさんの場合、旦那様の会社か親族が借り主になるのがいいかと思いますが、会社のほうは期待できなさそうですよね、、、。会社も契約主体となるには契約履行や現状回復などのリスクがあるので前向きじゃない場合もあります。

また、不動産屋を巡るよりもSuumoを使ったほうがいいですよ。特に取引態様が専任のところだったら、貸し主とその不動産屋会社が直接繋がっているので色々相談もできます。一番いいのは取引態様が貸主、と出ているところと直接やりとりすれば仲介手数料はかかりません。取引態様が仲介というところはレインズという不動産業者共通のシステムを見てその不動産屋がたまたま広告を出してるだけなので、いまいちです。取引態様は表示がかならずありますので見た上で問い合わせするのがいいです。

それにしても旦那様、保証会社で所得証明が要らないというのは大きな認識違いです。賃貸物件も街の不動産屋巡りをするっていうのはいまどき東京の物件ではあまりやりません。

みどりこさんの気苦労が多そうですね、、がんばってください!

じゃすみん

お住まい探しは慎重に
久しぶりにコメを書かせていただきます

ご主人、他人との共同生活やみどり子さんから離れて
不便さが身にしみてあせってる感がにじみ出てますね

住まいは、極端に状況がかわると、住む人のストレスにつながります
多少不便でも、当初は余裕をみられたほうが良いと私は思います

みどり子さん、URってご存知ですか?
検討されたりしましたか?
ご心配されていることが、ほぼ解消されるのではないかと
ご紹介しておきます
独立行政法人都市再生機構(UR都市機構) 
旧公団っていったほうが、わかり易いでしょうか
(同世代なので)

地場の相場より若干高めですが、
礼金なし・仲介手数料なし・更新料なし・保証人なし
です
物件によっては、2ヶ月フリーレントなどもあるようなので
お勧めします
住環境は、どちらも比較的良いですが、
駅から近いところは高く、遠いところは比較的安い物件が多いようです

友人や同僚が利用しているのですが、
60を超えた同僚は
「高齢になっても更新などを理由に追い出されることがないので安心」と
言ってました
別の友人は、関東圏でこの10年で転勤が数度あったのですが、
「多くの会社の借り上げ社宅に対応してくれていて便利が良い」
(勤務地が変わっても、引継ぎでいろいろできるようなことを言ってました
 敷金のことかな?日割り家賃の精算かも?)

お仕事が順調になって、環境になれてから改めて探されるにしろ
たぶんまだまだ戸建て住宅にお住まいのときの荷物量、すごく多いと思います
東京近郊の賃貸2DK、ほんとうに収納すくないですよ
あつあつの新婚で、これからって訳でないのであれば
無理しないほうがいいと思います

らうれあ

個人情報ですが、勤務駅を公開したら情報集まりそう。
クローゼットは、古い物件では難しいかな。
いっそ古い戸建てを探したらどうでしょう?集合住宅よりたいてい安いです。

y

私も賃貸暮らしなので今後の自分の住まいが心配です。
今後貸してくれるところあるのかな?
ないなら中古のマンションや戸建て買わないといけないのかな?
南海トラフはどうなんだろう?とか。
キリがないです。
やはり二間はあった方が良いと思います。
インフルエンザの時や一緒にいたくない時に。
外へ飛び出したらお金がいりますよね。
田舎は全部車なのであまり関係はないのですが
都会ほど駅から近い方が良いみたいですね。
東京で母が暮らしているのですが。
駅から近いので膝の手術をしてもなんとか一人でやってくれています。


非公開コメント

みどり子

50代後半片付けられない主婦みどり子に突然起こった人生の転機。夫の失職そして病。泣いてばかりはいられない。
60歳までに今の暮らしをミニマムに、物も生活も三分の一にすることを目標に断捨離と掃除を節約を1から頑張る記録を綴ります。

お気に入りに追加お願いします。




ボタンが反応しない方は[Ctrl]と[D]キーを同時に押すとお気に入り追加できます。


ランキング参加中
クリックで応援よろしくお願いします。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

最新記事

引っ越し業者ランキングとは?~引っ越し業者を決めるまでその2 2019/02/15
引っ越し業者を決める方法って?~引っ越し業者を決めるまでその1 2019/02/13
レオパレス問題に思う~物件・引っ越し日程決まってよかったー。 2019/02/08
60代代の引っ越し物件探しその後のドタバタ 2019/02/04
引っ越し先決まりました。~60代からの賃貸住まい探しその6 2019/01/28
実印なんて誰でも持ってるわけじゃない!~60代からの賃貸住まい探しその5 2019/01/20
10分の違いは大きい物件探し~60代からの賃貸住まい探しその4 2019/01/18
夫が契約仮押さえした部屋は~60代からの賃貸住まい探しその3 2019/01/17
夫との食い違いどうする?~60代からの賃貸住まい探しその2 2019/01/14
小さな家で幸せに~NHK首都圏ネタドリ! 2019/01/11

よく読まれているページ

最新コメント

にほんブログ村

プライバシーポリシー
免責事項・ 著作権について