スポンサーリンク

引っ越し業者に見積もりを出してもらうって~引っ越し侍とは?

断捨離と家の片づけをしつつ、物件探しをしています。

東京に住んでいる夫とlineでのやりとりなので、これがなかなかイライラすることばかり。夫はすでに仕事の合間に不動産屋へ行き、物件見学にも行っています。

そんな中で特にいらっときたのが・・・

スポンサーリンク

引っ越し見積一括サイトとは?


引っ越し侍」という名前を聞いたことはありますか?

引っ越し業者の一括見積をしてくれるという業者です。→引っ越し侍

私が聞いているラジオでしょっちゅうCMが流れているので、その名前はもちろん知っていました。

タケシという息子が登場する、ドラマ仕立てのCMで面白いのです。

「俺は家を出て、族になるんだよ!」

「あなたーー、大変タケシが族になるって」

「そうだよ、俺は転勤族になるんだよ。盆と正月とGWしか家に帰ってこないからなーー」

こんな笑えるCMが、ドラマのように次々と進んでいくのです。

笑えるCMはいいのですが、自分には関係ないと思っていたので何の会社なのか、深く考えず聞き流していました。

ところが今回引っ越すことになり急に身近に。

しかしここで夫がまたとんでもないことを・・・・・

★ポチッとしていただくと励みになります。↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

引っ越し先も日程も決まっていないのに。


首都圏に引っ越すことは決定したものの、物件もまだ探し中。引っ越し日程も全く決まっていません。

それなのに夫がさっさと引っ越し侍に登録して、見積依頼をしてしまったのです。

7de58a73787bf59ef2cbede4656df342_s.jpg

登録した途端、あちこちの業者から電話がかかってきたらしく、今はまだ研修中の身、電話対応もできないことがあるので、こっちに丸投げしてきたのです。

えーーー???こういうのってはっきり引っ越し先が決まってからにするものじゃないの?

以前、末っ子の引っ越しでこの手の一括見積業者を使った経験があります。(私ではなく、娘が、ですが)

学生時代に住んでいた地方都市のワンルームから、就職のため東京都内に引っ越すことになったからです。引っ越し業者探しも、引っ越し作業も私は一切かかわらず、娘ひとりで全部やっていました。もちろんいちいち相談はしてきましたが。

それでも、都内の物件探しが終わり、契約もしっかりしてから、引っ越し業者探しを始めたと記憶しています。3月の引っ越しシーズンということもあり、その日程が1週間違うと値段もだいぶ違うということでかなり悩んでいたのを思い出しました。

しかし、こちらはまだ住む地域も物件も探している最中だというのに、いくらなんでも早すぎないか?

しかも夫が勝手に登録した荷物の数に笑ってしまったのです。その内容は・・・・

家財情報の登録って。


引っ越しの見積業者に登録するためには「家財情報」を記入しなくてはならないのです。

洋服ダンス 〇点

食器棚   〇点

テーブル  〇点

ソファー  〇点

その他にも家電の種類が細かく書かれていたり、自転車、自動車、衣装ケースの数などを記入するようになってるのです。

夫から転送されてきた引っ越し業者からのメールを見て、夫が勝手に書いた家財荷物の情報に笑ってしまったのです。

その内容を引用すると

引用衣装ケース 5

洗濯機   1

布団袋   3

段ボール  20

ベッド(シングル) 2

自転車(大人用)  2

テレビ薄型     2



たったこれだけだったんですよ。段ボール20箱って・・・・

我が家の家財がこんなもので収まると思っているのか?

もうこうなると怒りを超えて笑ってしまうしかありませんでした。

もちろん引っ越し先の住所は未定なので、適当に東京都〇〇区・・・・などとして申し込みしてありました。

業者の中のいくつかは、この家財数で一応の見積金額をメールで出してきた業者もありましたが。

うちの引っ越し荷物が20個で収まると思っている夫。


いろいろ断捨離していますよ、もちろん。

キングサイズのベッドも持っていきません。

食器棚も作り付けだからありません。

テーブルも置いていきます。

でもさーーー。うちの家財がたったこれだけだと思っているのか?夫よ!

自分が仮住まいするために送った段ボールだけでも2つ。キャリーバッグひとつ。

もちろん出発前には自分の部屋の机の中は空にして、趣味のもの、洋服の一部は自分でスーパーでもらってきた段ボール箱に積めて行きました。その数だけでも5つですよ。

それ以外にクローゼットにかかったスーツ類もずらっとあるというのに。

夫のスーツを断捨離した話はこちら→定年後の夫のスーツはどうする?~夫の衣類大量断捨離しました。

自分のものが段ボール5つで収まったから(収まってないって!!)、家じゅうの荷物が段ボール20個くらいで収まるとでも思ったのでしょう。

あまーーーい!!

こんな事実と違う申告をして見積出してもらわないでよ!

わたしはまたまたイラっ。イライラしたら牛乳飲もう!ホットミルクにちょっとだけお砂糖入れて。(私のイライラ解消法です)

見積もりは引っ越し先が決まってから。


いくつか連絡のあった引っ越し業者と、メールで私が少しやりとりしました。

物件もまだ探し中、引っ越し日程も未定、夫の出した家財数もかなり適当である旨を告げると

「はっきり決まったらご連絡をお待ちしています」旨の連絡がありました。(メール返信すらない業者も)

そりゃそうだよねーー。

引っ越し準備の順番が違うでしょ!!

と私は声を大にして言いたい!(夫に)

でもそうでもないのかな???よくわかりません。

今日も、ネットで物件検索、夜になれば夫とのlineでのやりとりです。これ結構疲れます、ハイ。

果たしてきちんと見積もりを出してもらえるのは、いつになるのでしょうか?

先走るって業者に当たるくらいの方がいいのか?よくわからなくなったみどり子なのでした。

コメント

CHIKA

普通は引っ越し先が決まってからですよ~。
住む場所、トラックが止められるか、何階か、エレベーターはあるか、大物家電が通せるか等々で引っ越し料金はかなりかわります。

困ったちゃんな旦那様ですね・・・お疲れ様です。

pummelo

見積もり依頼
私が夫と引っ越しする時に見積もりとりました。引っ越し先が決まってからです。実際に来てもらって、このクローゼットだとこの位…と出してくれました。
何件か見積もりをとると、驚くほど値段が違うんですよね。
梱包ありと無しの両方の見積もりをとりましたよ。
梱包までやってもらえるとかなり楽になります。10回以上引っ越しして、最新の引っ越しで初めて梱包をお願いしました。今まで頼まなかったのが何だったんだ!?というくらい引っ越しが楽でしたよー。おススメです。

ご主人、何の気なしに20箱ってご自身で見積もったんでしょうけど…
目指せ20箱!!という勢いで片付けてても良いのかもしれないですね。
必要な物だけ集めてみるとか。
あー!お近くなら手伝いたいですー!!
非公開コメント

みどり子

50代後半片付けられない主婦みどり子に突然起こった人生の転機。夫の失職そして病。泣いてばかりはいられない。
60歳までに今の暮らしをミニマムに、物も生活も三分の一にすることを目標に断捨離と掃除を節約を1から頑張る記録を綴ります。

お気に入りに追加お願いします。




ボタンが反応しない方は[Ctrl]と[D]キーを同時に押すとお気に入り追加できます。


ランキング参加中
クリックで応援よろしくお願いします。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

最新記事

10分の違いは大きい物件探し~60代からの賃貸住まい探しその4 2019/01/18
夫が契約仮押さえした部屋は~60代からの賃貸住まい探しその3 2019/01/17
夫との食い違いどうする?~60代からの賃貸住まい探しその2 2019/01/14
小さな家で幸せに~NHK首都圏ネタドリ! 2019/01/11
初めての部屋探し、私の検索条件とは~60代からの賃貸住まい探しその1 2019/01/09
12月によく読まれた記事は。 2019/01/05
好きなものは好きといおう~願いをかなえる方法とは。 2019/01/02
大掃除をしなくても~最低限のミニ掃除できれいに見える方法とは。 2018/12/30
ホームベーカリーを断捨離するわけは。 2018/12/26
モノの冥利とは~樹木希林という人の生き方 2018/12/24

よく読まれているページ

最新コメント

にほんブログ村

プライバシーポリシー
免責事項・ 著作権について