スポンサーリンク

ひっそりと引っ越したいのに~またも夫との意見の相違

引っ越ししますとこちらのブログで発表してからもう4週間近く経ちました。

多分引っ越しは決定です。物件探しも先に上京している夫が少しずつ初めているようです。

そんな中、夫との考え方の違いでまたもやもやしています。

スポンサーリンク

夫と考えの違いって。


みどり子が結婚生活の大半を過ごした 雪国のど田舎から東京方面に引っ越すことになったいきさつと、不安についてはこちら。

究極の断捨離はじまります。~初めての?引っ越し

60代からの賃貸物件探し~シニアの引っ越し

子どもたちに故郷がなくなると言うこと。~ふるさとまで断捨離

このことについては、たくさんの方から暖かいコメント、励まし、応援のメッセージをいただいています。コメントのお返事は書いていないものの、一つ一つしっかり読ませていただき、とてもありがたく嬉しく、本当に元気が出ています。ます。

この場でお礼を申し上げます。ありがとうございます。

さて引っ越しについての夫との考え方の違いでまた愚痴っていいですか?

★ポチッとしていただくと励みになります。↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

さっさと挨拶しまくって去っていった夫


夫は先週、さっさと上京しました。

その前に、自分の今までの勤め先、その前の勤め先、その他もろもろ友人知人に挨拶しまくって行ったのです。

まあ夫にとっては生まれ故郷。中学までをこの町で過ごし、30代前半にUターンしたからは商売を通じてたくさんの人にお世話になった町。もちろんきちんと挨拶すべきところに挨拶に行くのは筋でしょう。

ただね、まだ私はいつ引っ越すかも決まっていないのに、自分の上京の日が決まったからってひとりで勝手に挨拶しまくってる。

それに引き換え、私はといえば、まあほぼ決定なのだけど、確実に引っ越し先が決まった時点で自分の親しい人だけに挨拶をして、静かに去っていきたいという気持ちがありました。

ところが夫はといえば・・・・・私が思うに「そこまで言わなくても」という人にまで挨拶しているようでした。

先日、私が時々通っている単発のヨガレッスンに行ったところ、その時間帯では初めてあった知人Sさんにいきなりこう言われたのです。

S「あらーー、みどり子さん。会えてよかった。もう引っ越したのかと思ったのよ。ご主人が挨拶にみえてたから。」

み「・・・・。うんそうね。でも私はまだいるんだよーー。ちゃんと決まってないし。まだまだいるかもよー。」

S「そうなんだ。一緒に引っ越したのかと思っちゃった、まあ最後に顔を見れてよかった!」

みどり子心の声(わたし、来月もヨガレッスン、来るかもしれないけどねーー)

本当に親しい友人にもまだ私は言っていなかっただけに、こういう場で言ってほしくなかったの。Sさんのせいじゃないけど。

ひっそり越したい私と挨拶しまくって去っていった夫と。


私たち夫婦の引っ越し。まあ夜逃げするわけではないですが、決して手放しでうれしい引っ越しというわけではありません。

こそこそするつもりはないし、その必要もありませんが、やはり私としてはひっそりと静かに引っ越したい。自分のごくごく親しいわずかな人、礼を尽くすべき最低の人数にだけご挨拶して去っていきたい気持ちなのです。

また昨日も、ご近所で子どもが幼いころから仲良く、私も親しくしてもらっていたFさんから、なんとなく言いにくそうな顔をしながら

「変なこと、聞いていい?引っ越すって噂聞いたんだけどホント?」と言われたのです。

田舎で持ち家を持っていれば、ずっとここに住むと思われて当たり前。狭い町ですからすぐにそんな話が広まり尋ねてきたのです。

124bf9cd5207b49e602a2db3d6dc10aa_s.jpg


親しいFさんならまだしも、さほど親しくもない年下の知人からは

「引っ越すって聞いたけどほんとなの?なんで?うそでしょ?」

なんてlineが来たときは、返事をする気もせず数日放置してしまいました。すると

「どうして返事してくれないの?何かあった??いつもならlineにすぐ返事くれるのに。心配してるんだよ。」

まあ本人は真剣に心配してくれているのでしょうが(そういう性格の人なので)、こういう応対をしたくない気持ちを察してくれよーーって感じです。

無理かな~。

それもこれも、夫がさっさとあちこちに挨拶しまくり、私までもう一緒に引っ越すかの誤解を与えているからだ・・・と夫に怒りの矛先が向かいます。

手ぶらで挨拶。それも日曜日に。


夫、上京する前の日曜の朝、ふらっとどこかへ出かけたと思ったらお昼前にかえってきました。

夫「あーー泣かないか会えなかったAさんにも挨拶してきて、よかったよかった」

Aさんは子どもが小さいころから家族ぐるみで仲良くしていて、奥さんは私の数少ない大切な友人の一人。

み「え?今行ってきたの?もしかして家に上がり込んだ?」

夫「そうだよ、奥さんもいてゆっくり話せてよかったよ」

って・・・・

み「日曜の午前中に、いきなり訪ねて人の家に上がり込むって常識ないと思うけど」

夫「えっ?そう」と能天気な返事。

どう思われます?いくら親しくても日曜の午前中から家にいきなり訪ねて行って上がり込むって。私が逆の立場ならいやなんですけど。

しかも夫、今回の挨拶、ほとんど手ぶらで行ってます。職場と前の職場には菓子折りを持って挨拶に行きましたが。

なんかこういうところに、夫と私の考え方の溝があるんですよね。話し合い、意思の疎通が足りない夫婦だからでしょうか。夫との

友人には連絡をして。


Aさんの奥さんから連絡が来る前に、私から連絡をすることにしました。ほかにも、他人の口から耳に入ってほしくない、自分から伝えたい友人には急いでお知らせをすることにしました。まだ引っ越し日程も決まっていないのに。

夫は自分がもう町を去ることでテンションがあがり、挨拶しまくり、自分の部屋の中のものだけ断捨離と荷造りをして「やることはやったぞ」感を出して、スッキリした顔をして上京しました。

なんだかなーー。取り残された私。

いろんな人に「奥さんももう引っ越したのか」と思われたり、「あの大きな家に今奥さん一人なのか」と思われたり。

私としてはいい歳をしてですが、やはり一軒家に女性一人だと思われるのはなんか1-2か月のこととはいえ、不用心で嫌だという気持ちもありますし。

そんなことはまるで考えていないんだろう夫は、3回ほど友人たちに送別会を開いてもらって意気揚々とさっさと出発した夫なのでした。

コメント

のの

私もみどり子さんと同じ考えです
おはようございます。私もみどり子さんと感覚いっしょだと思います。挨拶行くなら奥様に一言言うべきだと思います。引越しだってみどり子さんがほぼ1人でやらないといけないのに、引越し先の部屋も旦那さまが決めるのでしょうか?引越しはみどり子さんも一緒に探さないと、駄目なような気がします。旦那さまはもうちょっとみどり子さんの事考えてあげてほしい。私だったら、本当に採用になってから引越しするといいます。余りにも仮の話で物事がすすんでる気がする。私だったら大喧嘩ですよ。みどり子さんは偉いなぁと思います。みどり子さん、頑張りすぎないようにしてください。

osakaedy

感覚の違いでしょうか。うちもそうですよ.私が内緒にしておきたい事、親しい人だけに言いたいことをさっさとfacebookに公表するんです。facebookですよ。私の病気の検査の結果待ちのこととか、私の友人の闘病生活とか、猫が調子悪くなるともういかにも逝ってしまったかのように投稿して自分の友人達から慰めの言葉をもらって満足しているんです。不幸自慢にもほどが有る、って感じ。すっごいむかつきます。。。。

れんかあさん

お身体に気をつけてくださいね
旦那さんお一人で先にあちこちご挨拶に行かれてびっくりですね。
でも仲のよい方ならみどり子さんからお話されたらわかっていただけるのではないでしょうか。きっと大丈夫です。
うちも一人一台車が要るような田舎です。老後は便利な所に住みたいです。両親は高齢ですが都会に住んでいますので困ることはなさそうです。(URに住んでいます)
うちは持ち家ですが売れそうになく将来子供たちには負の遺産になりそうでこわいです。近所に放置されて荒れている空き家があります。
引っ越しは不安もあり大変ですか、これからきっとプラスの面が多いと思います。
お身体に気をつけて無理なさらないでくださいね。


非公開コメント

みどり子

50代後半片付けられない主婦みどり子に突然起こった人生の転機。夫の失職そして病。泣いてばかりはいられない。
60歳までに今の暮らしをミニマムに、物も生活も三分の一にすることを目標に断捨離と掃除を節約を1から頑張る記録を綴ります。

お気に入りに追加お願いします。




ボタンが反応しない方は[Ctrl]と[D]キーを同時に押すとお気に入り追加できます。


ランキング参加中
クリックで応援よろしくお願いします。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

最新記事

引っ越し業者ランキングとは?~引っ越し業者を決めるまでその2 2019/02/15
引っ越し業者を決める方法って?~引っ越し業者を決めるまでその1 2019/02/13
レオパレス問題に思う~物件・引っ越し日程決まってよかったー。 2019/02/08
60代代の引っ越し物件探しその後のドタバタ 2019/02/04
引っ越し先決まりました。~60代からの賃貸住まい探しその6 2019/01/28
実印なんて誰でも持ってるわけじゃない!~60代からの賃貸住まい探しその5 2019/01/20
10分の違いは大きい物件探し~60代からの賃貸住まい探しその4 2019/01/18
夫が契約仮押さえした部屋は~60代からの賃貸住まい探しその3 2019/01/17
夫との食い違いどうする?~60代からの賃貸住まい探しその2 2019/01/14
小さな家で幸せに~NHK首都圏ネタドリ! 2019/01/11

よく読まれているページ

最新コメント

にほんブログ村

プライバシーポリシー
免責事項・ 著作権について