スポンサーリンク

節約術。たった50円で出来た!腕時計の電池交換。なんでもチャレンジしてみよう。

腕時計電池交換ってどこでやってもらっていますか?時計屋さんとかホームセンターというのが一般的でしょうか。みどり子はあるとき、自力で自分の腕時計の電池交換にチャレンジしてみることにしました。

その結果は・・・

スポンサーリンク

雑貨やさんで売っているような安い腕時計。電池が切れたらそのまま放置


みどり子は昔から雑貨屋さんで売っているような安いデザイン時計が好きでした。ちょっと出かける時にブレスレット感覚で付けら荒れるようなものです。今は1000円台からかわいいものがありますよね。

そういう安い時計が、電池切れになると皆さんだったらどうしますか?みどり子の住む田舎町には気軽に腕時計の電池交換をするようなお店がありません。個人経営の時計屋さんは1軒あるのですが、普段そこで何も買っていないのに、電池交換だけのために行くのは気がひけてしまうのが田舎のなんとも気まずいところです。

そこでたまに一番近い街へ用事があって出かける時に、ホームセンターやショッピングセンターで電池交換をしてもらおう、と思っています。でもいつも肝心のその腕時計を持っていくのを忘れてしまうのです。

また2000円の時計を1000円かけて電池交換するくらいなら、古くなっているし新しいの買っちゃおうか!と安価なデザイン時計をまた買ってしまうという繰り返し。家にはいくつもの電池切れ、動いていない腕時計があったのです。

きっかけは万歩計の電池交換。100円ショップのボタン電池を見て思った。


みどり子は掃除のパートをしていた頃、万歩計をつけていました。普段運動不足なので、掃除の仕事で意識していればどのくらい歩くのだろうと興味があったからです。

その万歩計が1年程で電池が切れてしまいました。裏のフタを細いマイナスドライバーで開けて、中のボタン電池を交換すればいいだけのようでした。そのボタン電池を買いに100円ショップへ行こうと思った時に、ふと思いついたのです。

あれ?万歩計のボタン電池が簡単に交換できるなら、腕時計の電池交換も自分で出来るのではないだろうか?そしてネットで色々検索してみました。

時計電池交換1
万歩計、腕時計2本、マイナスドライバーの写真です。赤いハートものは、その部分がふたになっているブレスレット腕時計です。

これなら自分で出来そう。節約電池交換。


いろいろなサイトを見ると、これならどうやら私にも出来そうです。時計の裏ぶたを見ると 私のものはネジ式でなくはめ込み式なので、特別な工具も必要ないことがわかりました。

めがね用などの小さなドライバーと時計用のボタン電池1個あれば大丈夫そうです。ちょうど我が家には眼鏡用の小さなドライバーがありました。

こんな感じのごついブレスレットタイプの派手な時計です。(こういうのが好みのみどり子です)オシャレな観光地の雑貨屋さんで3000円しなかったと思います。

節約自力で腕時計電池交換1

節約自力で腕時計電池交換2

まずは裏蓋の隙間に 小さなマイナスドライバーを差し込み ぱかっと外す。案外簡単に外れます。

節約自力で腕時計電池交換3

裏ぶたをはずしたところ。この赤い矢印部分がボタン電池です。これを取り出して100円ショップに持参して同じモノを買うのが一番間違いがないです。実は私、ぱっとみてこのサイズのボタン電池はどれも同じだと思って買いにいってしまったのです。実はサイズは同じでも2種類あったので、一度出直すことになってしまいました。ここ注意してくださいね。

そして購入してきたボタン電池をはめ込み、交換する。蓋を カチッとはめる。 以上。

たったこれだけ、拍子抜けするくらい簡単でした。みどり子がこの時参考にさせていただいたブログ記事はこちらになります。→腕時計電池交換のことが載っているブログ

こちらでは420円の「腕時計交換工具セット」というものを使っているようですが、眼鏡用の小さなマイナスドライバーがあればこれも必要ありません。

みんなに薦めたくなる節約自力で電池交換。


ボタン電池は 2個で 100円。(万歩計のものはサイズの大きいボタン電池でしたので1個で100円でした)

通常1000円~1200円ほどする電池交換がたった50円で簡単にできたのです。とりあえず2本のデザイン時計電池交換完了。大満足です。まだどこかの引き出しにいくつか眠っている時計があるはず、探して交換しようと思いました。古くてもう使わないものだったら断捨離ですが。

(ご注意。 高価なメーカー時計は、自分で電池交換をして失敗すると保証が効かなくなることもあるそうですからお気をつけください。あくまで自己責任でお願いします。)

ミキモトの置き時計の電池交換にもチャレンジしました。成功。


うちには、娘から何年か前結婚記念日にプレゼントしてもらったミキモトの置き時計があることを思い出しました。夫と私の名前を彫ってあり、小さな真珠が埋め込まれているオシャレな小さめの卓上置き時計です。

テレビ台に置いてあったのですが、大分前に電池切れで止まってしまいまいした。説明書を見ると「電池交換はミキモト取扱店までお持ちください」と書いてあるではありませんか。そんなお店 近くにない!!おそらくデパートがある150キロほど離れた都会までいかなければないでしょう。そう思って、箱の中にしまったままになっていました。

腕時計電池交換で気を良くした私は、この置き時計の裏をちょっと見てみました。裏ブタが開くかな?と腕時計と同じ要領でチャレンジしてみたら、あらまあ、簡単に開いてしまったではないですか。ボタン電池も先ほどの腕時計と同じ種類です。翌日100円ショップへまた行ってボタン電池を購入。あっという間に交換完了。記念の時計がまた時を刻みはじめました。

現代は腕時計をしない人が増えてきた??携帯スマホの普及か。


最近の若者は腕時計をしない人が増えてきたとテレビのニュースなどで聞くことがあります。そこでちょっと調べてみました。

ニフティの調査によると(2013年)すべての世代にわたる調査でも「腕時計をまったくしない という人は、男性27% 女性41%」という結果になっています。男性の三割近く、女性では4割が日常で腕時計を全くしないという傾向にあるのですね。

しかも時計を毎日する人は、高価格の時計をしているようです。その反面女性はデザイン重視。私も全くその通り。安さとデザイン重視です。安いデザイン時計をブレスレット代わりにお出かけのときに付ける。そんな人が今は多いのかもしれません。

100円ショップの電池も結構使える。試す価値あり。


よく普通の単三電池なども100円ショップのものは寿命が短いなどという話は聞くことがあります。私は余り感じたことがないのですが。

この腕時計と置き時計の電池交換をしたのは、自分の記録を見たら2014年4月でした。もう丸2年経っていますが、どの時計も2年経った今も全部きちんと動いています。

お家に電池切れの腕時計がある方。安い腕時計でしたら試す価値ありですよ。壊れてもいいつもりでまず一度チャレンジしてみてください。

ひとつ壊れてもいいやと思っている時計を電池交換してで自信がついたら、他の時計の電池交換にも挑戦してみてくださいね。

コメント

非公開コメント

みどり子

50代後半片付けられない主婦みどり子に突然起こった人生の転機。夫の失職そして病。泣いてばかりはいられない。
60歳までに今の暮らしをミニマムに、物も生活も三分の一にすることを目標に断捨離と掃除を節約を1から頑張る記録を綴ります。

お気に入りに追加お願いします。




ボタンが反応しない方は[Ctrl]と[D]キーを同時に押すとお気に入り追加できます。


ランキング参加中
クリックで応援よろしくお願いします。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

最新記事

やりかけの手芸品や手つかずのキットを断捨離・・・~15日間ごんおばちゃまの抜き(9日目) 2017/11/21
DVDとCDホルダーを断捨離。デジタルデータも難しい。・・・~15日間ごんおばちゃまの抜き(14日目) 2017/11/20
白髪染め、どうしていますか? 2017/11/19
いきなり結納をすることになったって?どういうこと? 2017/11/18
お腹ぽっこりのズボンを断捨離~15日間ごんおばちゃまの抜き(13日目) 2017/11/17
主のいない子ども部屋の引き出しを1個からにしてやったぜ。~15日間ごんおばちゃまの抜き(12日目) 2017/11/16
消費したがらない若者たち~NHKニュース7を見て思ったこと。 2017/11/16
段ボールの中のガラクタまとめて捨てちゃえ。やけっぱちの納戸断捨離。~15日間ごんおばちゃまの抜き(11日目) 2017/11/15
12本もいらない!チーズフォンデュフォークを断捨離~15日間ごんおばちゃまの抜き(10日目) 2017/11/14
テレビ台の奥に落ちていたもの。・・・~15日間ごんおばちゃまの抜き(9日目) 2017/11/13

よく読まれているページ

最新コメント

にほんブログ村

プライバシーポリシー
免責事項・ 著作権について