スポンサーリンク

譲り渡した冷凍庫がまさかの!~ドキドキはじめてのジモティーその4

はじめてのジモティーで大物の冷凍専用庫を断捨離出来て大喜びしていたみどり子夫婦です。

ところが、翌々日まさかの連絡が。

スポンサーリンク

冷凍庫が冷えなかった?


初めてのジモティーで冷凍庫を0円で出品した話。前回までの様子はこちらから。

大型冷凍庫は断捨離出来るのか。~ドキドキ初めてのジモティその1

15年前冷凍庫に1日で400ビュー~ドキドキはじめてのジモティーその2

現れた取引相手は?~ドキドキはじめてのジモティーその3

とっても気持ちのよい取引をさせていただいたお取引相手Aさんから、受け取りの翌々日朝、ジモティーのメッセージが届きました。

A「おはようございます。冷凍庫どうやら壊れているようです。電源を入れるとモーター温はするのですが全然冷えません。まる1日電源をいれていたのですが全くダメです」(原文ママ)

わーーー。まさかのコメントにびっくりしてしまって心拍数が一気に上がったみどり子です。

冷凍庫はほぼ1年前に使用をやめコンセントを抜き、きれいに拭き掃除して車庫の奥の物置においてありました。

もちろん1年使っていなかったことは商品説明に明記。

そして取引前にコンセントを差し込み通電確認はしたのですが。

★ポチッとしていただくと励みになります。↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

まさかのトラブル発生に大慌て。


そうなんです。コンセントを差し込んで通電確認はしてモータ音までは確認してのですが。冷えるところまでは確認していませんでした。

あせった私はメッセージで

「どうしましょう」

「使っていた時はガンガン冷えていたんですけど」

「冷却のダイヤルがどうなっているかなど確認してもらえますか?」

と矢継ぎ早にメッセージを送るも、なかなか返信がなし。まあ仕事中の時間帯だとは思うのだけど、最初の取引の連絡の時は平日の午前中でもぱっぱとメッセージが既読になって素早くやりとりができたのに。

焦った私はネットで大型冷凍庫ストッカーについて色々調べて見ると・・・

メーカーは違うものの、ある業務用冷凍庫のサイトでこんなことが書いてあるのを見つけました。

「輸送中にコンプレッサー内部のオイルが傾いて作動しなくなることがあります。 荷物が到着してから24時間放置してから電源を入れるようにしてください」

これを読んで「あっ!これかも知れない」と思ったみどり子。

さっそくAさんとのメッセージにその旨とそのサイトのURLを送ってみました。

「お手数をおかけして申し訳ありませんが、このサイトの記述を見てお試しいただけませんか?」

するとしばらくしてAさんから

「到着してから一晩置いてから通電したんですけどね。まあ24時間は経っていませんが」

「今日家に帰ったら電源を抜いて24時間放置してから再度コンセントを入れてみます」

わーー。どうしよう。

もうこの時点でほとんど絶望的。Aさんが「一晩経ってから通電した」と言っているのであれば、本当に壊れているんだろうな。

申し訳ないことをしてしまった!と言う気持ちとともに私の中に現れたもうひとつの気持ちが・・・

もしやクレーマー?


Aさん、もしやクレーマーってことないよね?

そんな気持ちがもやもやとわき上がってきたのです。

今まで思いもしませんでしたが、初めて会った名前もわからない人です。

Aさんが購入しているものを見てみると、大型パソコンラック、ソファー、音声の出ない液晶テレビ、タイヤホイール、座椅子、スーツケースととにかく雑多なものばかり。それも遠方の町まで取りに行っている様子。

なんでこんなものまで?と思う脈絡のなさ。

夫には言いませんが、ひとりで「クレーマー疑惑」で妄想してしまうみどり子です。

694efb09d388dffc270254bd15943e8b_s.jpg

Aさんのジモティー評価は○ばかり。コメントも「とってもいい方でした」「安心してお取引できました」「遠くまでわざわざありがとうございました」という高評価コメントばかり。

でもねーーー。わたしもAさんにとてもいい評価を既に書いていますし、Aさんもわたしの評価は○で内容もいいコメントを書いてくださっています。取引終了ということで。

でも実際はまだこうやって問題を抱えているわけで。

Aさんからしたら私は「壊れた冷凍庫を押しつけたとんでもない出品者」

私からしたら「もしかしたら壊れていないのに難癖つけてくるクレーマー?」

という疑惑がふつふつ沸いてきたのです。

「でも手土産にペットボトル飲料まで持参してくれたイケメンでダンディーでこの上なく感じの良いAさん。クレーマーとかありえないよね。」

「いやいや、あんな愛想のいい顔をして、実は・・・ってこともあるよ」心の中でもう1人の私がささやきます。

「や○ざやさんだって、ホントの大物になると優しげな顔してるって言うじゃない」

なんてそんなことまで考えてしまったみどり子。

もうこうなったら早くこの取引を終わらせたい。そう思った私が取った行動は。

冷蔵庫の処分にはリサイクル料金がかかる、家電リサイクル法とは。


本当に冷凍庫が壊れているとなったら、お金を払って家電量販店に引き取ってもらうしかありません。

何年か前に家電リサイクル法が制定されたことは知っていましたが詳しい内容まで把握していませんでした。

家電リサイクル法とは

特定家庭用機器再商品化法(家電リサイクル法)は、一般家庭や事務所から排出されたエアコン、テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などの特定家庭用機器廃棄物から、有用な部品や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。

引用 家電リサイクル法

冷凍庫を購入した店舗、または新しく冷凍庫を購入する店舗に有料で引き取ってもらえるようです。

が、今回は処分だけで新しく購入するわけではありません。

この冷凍庫も主人の実家から譲り受けたもので、夫の親が購入したと思われる町の小さな電器屋さんは廃業してしまいました。

もうーーどうしたらいいんだ。

と調べていくと

ケーズデンキでは、新規購入でなくても、その店舗で購入したものでなくても、古い冷蔵庫、冷凍庫、テレビ等を有料で引き取ってくれるということがわかりました。

当然近くにはありませんが、最も近い街のケーズデンキに電話で問い合わせてみました。

すると業務用だと引き取れない可能性があると言われたこの冷凍庫、品番を言って調べてもらうと引き取り可能だとのこと。

なーーんだ。以前ちょっと聞いた町の電気屋さんに「業務用だから引き取れない」と言われたのは間違っていたのね。

ケーズデンキの電話口の人によると、この冷凍庫だと、リサイクル費用が5724円+出張運搬費用3240円。合計8964円がかかるということです。

そこで、ケーズデンキさんの窓口に簡単に事情を説明し(ジモティーということは言いませんでしたが)

「知り合いに譲った冷凍庫が作動しなかったので、直接そちらから引き取りに行ってもらうことは可能か?」

と聞いてみました。

するとわたしがケーズデンキ店舗に出向き料金を前払いし、Aさん宅に引き取りに行ってもらうことは可能、とのこと。

そこですかさずAさんにメッセージで

1案 ケーズデンキに私が処分料を支払い、Aさんの自宅に引き取りに行ってもらう。

   そしてもちろん無駄足を踏ませてしまったお詫びとしていくらかをAさんに振り込ませて貰う。

2案 Aさんに冷凍庫を処分してもらう。

   その処分料+無駄足の手間賃いくらかを合わせてAさんに振り込ませて貰う

この2案を提案してみたのです。

もうこの辺りでかなりの冷や汗もの。

あーーーこんなことなら最初からケーズデンキに頼めばよかった~。と後悔ばかり。

果たしてAさんの反応は?


2つの案を提案したAさんの反応は・・・なんと3日間ほど返事がありませんでした。

きっと私がネットで調べた情報どおり、1度入れた電源を抜いて→一昼夜おいて→それから再度電源を入れて→24時間経って冷えるかどうか確認。これをしてくれるとすれば2ー3日は経ってしまいます。

それはわかっていてもモヤモヤした状態が続いてしまいます。こちらは早く解決してしまいたい。お金で解決出来ることなら早くさっぱりしたい。その一心。でも連絡がないってことは、案外冷えているのかも。

でもあまりしつこくなってはいけないとじっと黙って待っていましたが、4日目にもうじっとしていられずメッセージを送信。

み「その後冷凍庫の冷却具合はいかがでしょうか?」

A「返信遅くなって申し訳ありません。やはり全く冷えないようです」

がーーーん。連絡がないから、もしかして良い方へ向かっていると思ったのが甘かった。

そこで夫と相談してあった、もうひとつの案を提案してみました。

3案はわたしが冷凍庫を引き取りに行くという案。

み「壊れた冷凍庫を出品してしまって本当に申し訳ありません。 Aさんのご都合さえよろしければ、私どもでAさんのお宅まで冷凍庫を引き取りに行かせていただきたいのですが、いかがでしょうか」

するとあっさり

A「いいですよ」

心なしか、当初のとても丁寧なやりとりより冷たい印象のメッセージ。まあ仕方ないですよね。壊れた冷凍庫をつかまさせたワケだし。0円とは言え。

Aさんとやりとりをして、こちらの都合に合わせてもらい、夫の休みの日に引き取りに行くことになりました。

Aさんのご自宅のマップをメッセージで添付してもらうと・・・

隣町と言っても町外れでした。

当初「Aさんが隣町から来るのに1時間かかるって・・・30分あれば着くよね」と思っていたのですが、Aさん宅は隣町の町外れ。そして我が家も町外れ。4ー50分はかかるのは当然でした。

ますます申し訳ない。

そして夫と協議した結果

お詫びの金額は?


隣町から4ー50分かけて往復させて、使い物にならない冷凍庫を引き取らせてしまったわけです。

その手間賃、ガソリン代としてのお詫びの金額、どのくらいにしたらいいでしょう?

Aさんには「引き取りに行かせていただく」と言っただけで具体的な金額の話はしてありません。

夫「5千円ぐらい包めばいいんじゃない?」

み「そうだよね」

夫「一万円は必要ないだろう」

み「うん。そうだよね。でもこんなことなら最初からケーズデンキに引き取りに来てもらえばよかった・・・・」

夫「そんなこと言ったってしょうがない。壊れてると思わなかったんだから。」

みどり子主導でやったジモティー。当初は得々としていたみどり子。夫が怒っても当然のところなんですが、こういうところとても寛容な夫です。ありがたいと思わなくては。(いつもツンケンしているみどり子、反省です。)

そうこうして、いよいよAさん宅に冷凍庫を引き取りに行くことになりました。

でも前日はドキドキ。

もし引き取りに行って「5千円?ちょっと少ないんじゃないの?なんてすごまれたらどうしよう?」「でも自宅の場所の地図までこちらは把握したワケだし、そんなことできないよね」

なんて色々なシミレーションをしてしまって悶々とした夜を過ごしたのでした。

さて果たして。その結果は?

コメント

ラムネ

まさかの展開!
みどり子さんこんばんは〜
冷凍庫をジモティーで…
まさかの展開にびっくりです!
続き気になる〜(≧∇≦)
私はホコリをかぶっている健康器具をジモティーに出そうかな?と迷っていますが、いろいろ大変なこともあるんですね(^^;
それにしても冷凍庫の処分料お高いんですね!

紺子

わ~(@_@;)
予想外の展開ですね…そして続くw
手に汗握ってお待ちしてます

途中ですが、みどり子さん大変でしたね…
そして、だんなさん寛大な方で素晴らしいじゃないですか~!
なんだかこちらもほっこり♪嬉しい気持ちになりました(^▽^)/

y

参考になりました
初めまして。
子供の独立と自身の引っ越しに伴い去年から断捨離に目覚めてミニマムに暮らしている45歳の者です。
みどり子様のこちらのブログは画像や文章も実体験に基づいて書かれていて
とても参考になります。
また遊びにきますね。

みどり子

Re: まさかの展開!
ラムネさん、こんにちは。

そうなんです、初めてのジモティー、とんでもないことになっちゃいました。(^_^;

最初から大型の古い電化製品って、ハードル高すぎました。(今頃言ってる)

健康器具ならいいかもしれませんよ。自宅に取りに来てもらうものだといろいろ考えた方が良いこともあるかもしれませんけど。


みどり子

Re: タイトルなし
紺子さん、

続く、続くですみません。今日完結予定です。

夫とは険悪ムードが何年も続いているのですが、こういう夫の性格だけはありがたいと思います。

これ、ジモティーに出したのが夫だったら、私完全にキレてますから。(^_^;

みどり子

Re: 参考になりました
yさん はじめまして。

わたしのつたないブログが参考になると言っていただけて幸いです。

yさんはお子さんの独立とお引っ越しに合わせて断捨離をなさったんですね。

すでにミニマムな生活になっているとはうらやましいです。わたしも日々少しずつですが、身軽な暮らしになれるようにがんばります。

コメントありがとうございました。
非公開コメント

みどり子

50代後半片付けられない主婦みどり子に突然起こった人生の転機。夫の失職そして病。泣いてばかりはいられない。
60歳までに今の暮らしをミニマムに、物も生活も三分の一にすることを目標に断捨離と掃除を節約を1から頑張る記録を綴ります。

お気に入りに追加お願いします。




ボタンが反応しない方は[Ctrl]と[D]キーを同時に押すとお気に入り追加できます。


ランキング参加中
クリックで応援よろしくお願いします。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

最新記事

去年着なかったタンクトップの断捨離と処分できなかったもの。 2018/06/24
終活夫婦の話~ラジオで聞いた中尾彬夫妻の終活とは。 2018/06/23
3足買ったのに断捨離した靴は・・・ 2018/06/22
夫の挑戦、妻の不安。 2018/06/20
1995年黒皮の手帳?~手帳の断捨離 2018/06/19
この春ユニクロで買ったものは。 2018/06/18
一歳児に教えられ~台所にありすぎたアレを断捨離 2018/06/17
譲り渡したはずの冷凍庫の行方は?~ドキドキ初めてのジモティー(最終回) 2018/06/16
譲り渡した冷凍庫がまさかの!~ドキドキはじめてのジモティーその4 2018/06/14
大量にあるクッキー型の断捨離~レトロなクッキー型がまさかの。 2018/06/13

よく読まれているページ

最新コメント

にほんブログ村

プライバシーポリシー
免責事項・ 著作権について