スポンサーリンク

節分、厄払い、そして今日の3捨て。

2月3日節分の今日はみなさまは何をなさいましたか?恵方巻きを食べましたか?

みどり子、朝から神社に厄払いに行ってきました。

スポンサーリンク

厄払いしていますか?


みどり子、今年60歳になる戌年生まれの年女です。

先日新聞折り込みに入っていたチラシに、厄払いのことが書いてあって、ふと見ると昭和33年生まれ60歳になる歳は厄年だというのを読んでしまいました。

実はわたし、この年になるまで厄年というのをほとんど意識したことがなく、厄払いというものをしたことがありませんでした。こういう人は少数派なのでしょうか?

わたしは、ご縁があって地元の神社の奥さんとは長年親しくさせてもらっていて、普段から神社に行く機会や、お祭りのお手伝いなどをしているにも関わらず厄払いということにまったく無頓着でした。

ふと見てしまったちらし。それは神社とは全く関係のないものだったのですが、自分が厄年だということを自覚してしまったら、やはり行っておいた方がいいのかな?と悩んでしまったのです。そこで。。。。

★ポチッとしていただくと励みになります。↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

お祓いをしていだたいてきました。


少し前に、神社の奥さんにお電話をして厄払いのことについてお伺いしました。

今まで一度もやってこなかったのだけれど、今年いきなりやっていただいてもいいものだろうか?

日程はいつ行けばいいのか?

そして何を用意すればいいのか?

そのようなことを伺いました。

するとこちらの神社では2月3日節分の日、朝から1日受付をしているということでした。今までやっていなかったからとかは全然関係ないんですよ、お気持ちですから。と言っていただきました。こちらの神社の場合、基本的には節分の2月3日に行っているそうですが、その日に都合が付かなければ、近い日に電話連絡してからいらしてください、とのことでした。

用意するものは玉串料。のし袋に「御玉串料」と書くそうです。

玉串料は大人の方は五千円ということでした。

こういうことも知らない59歳、恥ずかしい限りです。

朝9時からということで、神社に伺うと既に本殿の外にはずらっとブーツ、長靴が並んでいます。

中に入ると、畳の上に受け付けのテーブルが設けられていて、用意されている用紙に自分の住所、氏名をふりがなも書き、生年月日も書くようになっています。

その横に用意されている三方の上に、その用紙と玉串料を置いて順番を待つようになっていました。お供えするお酒などを持参している方もたくさんいらっしゃいました。

お若い方(19歳ということでしょうか)から、ご年配の方まで。若い方が多いのにも驚きました。

順番に案内され、10人ずつおはらいをしていただき、神様の前で玉串をお納めし、二礼二拍手一礼。

きりっと寒い本殿の中でのおはらい、初めての経験でしたが身が引き締まる経験でした。

18厄払い (3)

いただいてきた破魔矢と厄除けのお守り。そしてこのほかに御神酒と御札。

今年一年、健康で穏やかに過ごせますように。

神社にお納めしてきたもの。


実は先月1月のどんど焼きの日に、前の年の御札や古い絵馬などを神社にお納めしてきました。その話はこちら→どんど焼きと七草がゆ~古いお札やお守りを収めるには。

が、まだ実はお守りとおみくじらしきものがあったのです。

というのも、サークル活動でおつきあいのある方が1月の新年会の時に、サークルのメンバーに配ってくださったのです。おまもりと幸運みくじ。ゲーム感覚で「あなたの今年の恋愛運は~」「金運は~」みたいなものでシールをはがして運勢を見るみたいな軽いノリのカラフルなおみくじだったのです。がよくよく見たらとある新興宗教のものでした。

「まあ、あの方この宗教の信者さんなんだ」と思ったくらい。別に勧誘されたわけでもないので深い考えも思いもなかったのですが、やはりおみくじや紙のお守りでも、そのまま捨てるには心苦しいなと思っていたところだったのです。

それで今日封筒に入れて、神社に持参しました。神社の奥様に聞いたら他の宗教のものでもこころよくお納めくさだったので、なんだかほっとしました。

そして今日、神社から新しい厄除けお守りをいただいたので、それまでお財布に入れてあった去年のお守りも一緒に納めていただきました。

厄払いをしていただいて、気分もすっきりしたところで・・・

豆まきは忘れたけれど恵方巻きは・・・


皆さんのお住まいのところでは恵方巻きの風習はありますか?みどり子の実家の方では全くありませんでした。そして今の地域でももちろんありません。

でもここ10数年前からのコンビニやスーパーの恵方巻きブーム。一部地域の文化に全国載っからなくても!と抵抗を示していたみどり子でしたが。今年は作っちゃいました。

ちょうど娘が帰省していることもあり、スーパーに一緒に買い物に行ったら恵方巻きの山。

魚の汁物が食べたいという娘、じゃあ恵方巻きを買ってっちゃえばそれだけでいいかな??と思ったのですが、スーパーなのに意外と高い恵方巻き。

大食らいの夫がいるのでこれじゃあとっても高くつくわ。とあり合わせの材料で作ることにしました。

18厄払い (1)


普段、ほとんど太巻きや海苔巻きを作らないみどり子なのであまり得意ではないのですが。

中身は厚焼き玉子、あり合わせのキュウリ、残っていたピンクのかまぼこ、ポット栽培の三つ葉、中途半端に残っていた干し椎茸を煮て。

18厄払い (2)

適当に作った割には意外と美味しく出来て、満足満足。

まあ、たまにはブームにのっかるのもいいかと思った出来事でした。

今日の3捨て。


昨日から始めた「1日3捨て」

今日はワケあって、

18厄払い (4)

診察券3枚。2日目にしてさっそくしょぼい「3捨て」になってしまいました。この診察券の話はまた後ほど。

それと、前述した某宗教のおみくじ類、去年のお守りを神社に納めましたから、今日は合計 5点ということになりました。

豆まきを忘れたみどり子ですが、今年は恵方巻きを食べたからよしとします。みなさまはどんな節分の1日をお過ごしになりましたか?

コメント

紺子

みどり子さんこんばんは
そう!打ってる恵方巻ってお高いですよね
なんか年々豪華&高価になってる気がする…
そういうわけで我が家も去年は初めて自分達で巻いてみました
市販品のかんぴょうや椎茸煮を使う手抜きですが(;'∀')
意外に美味しくて好評でしたね
手巻き寿司じゃないけど手巻き状態で賑やかでした
今年もそのつもりで用意してたのですが、何故か諸事情で急遽回転すし屋さんに行くことになり
恵方巻はナシですがお寿司食べてきました(・・?
そして厄払いされてきて良かったですね、ちょうど良い機会がすぐ来て…(^▽^)/
気分スッキリされたことでしょう
私は毎年実家の方のお寺さんの節分礼を頼んでいます
いつも郵送で…直接受けられるのもいいなあ、と記事読んで思いました
3抜きですが、何かしら抜いてるはずだけど思い出せない…
今日は段ボールを縛って捨てて、あとは古着…これは詰めただけでまだ家にあります
あとインクカートリッジもビニール袋に入れて捨てる用意…
リサイクルに出さずに可燃ごみで出したほうがいいのかな、悩

south

みどり子さん、こんにちは。
33年生まれ戌年は厄年なんですね。教えていただき有り難うございます。
自分も含め身内も厄払いはしていただいたことがありますが、今回の事は知りませんでした。少し日がずれてしまいましたが気持ちの問題でしょうか、普通にお願いしてみます。

さすが!みどり子さん、恵方巻をご自分で作られたのですね。ご利益ありそうです。
私はほぼ夕飯を食べないので、昼食に恵方巻(480円)を購入、食しました。
ええ、南南東に向かい静かに(笑)。ワンコが不思議そうに見ていましたけど。

影の世帯主である私が豆まきをしました。節分の豆はしばらく前から神棚にお供えしたものを使います。これも各土地の風習の違いでしょうか。
(明朝は小鳥たちが集まり美味しそうに食べてくれるのでなんだか嬉しいです)
そして、節分にはお餅をついて食べることも。田畑の角にお供えるっていう話もあります。

「1日3捨」数字は別として、頭の片隅にあると行動に移せる気がします。
断捨離魔の私も最近の寒さでヤル気が起きず、またそのヤル気も続かなくなってきました。以前は一気に出来たのに・・・

あのですね、「安寿と厨子王)のお話をひっぱって恐縮ですが、あれから女優の紺野美沙子さんも学生時代に演じたとか、私の実姉も学生時代に演じたとか、本日の読売新聞にも特集が掲載されていたり、安厨子に引き寄せられています。もう一度「山椒大夫」を読んでみたいと思いました。
非公開コメント

みどり子

50代後半片付けられない主婦みどり子に突然起こった人生の転機。夫の失職そして病。泣いてばかりはいられない。
60歳までに今の暮らしをミニマムに、物も生活も三分の一にすることを目標に断捨離と掃除を節約を1から頑張る記録を綴ります。

お気に入りに追加お願いします。




ボタンが反応しない方は[Ctrl]と[D]キーを同時に押すとお気に入り追加できます。


ランキング参加中
クリックで応援よろしくお願いします。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

最新記事

押し入れの大物を断捨離できたきっかけとは。 2018/05/26
シニアが断捨離すべきサンカクとは~TBSラジオ「おはよう一直線」を聞いて知ったこと。 2018/05/25
美味しいチョコミントの話~ダイエット中だけど少しだけ。 2018/05/24
夫に断捨離してもらう方法とは~夫の断捨離その2 2018/05/23
何度も繰り返す納戸の片づけ~やっぱり物が多すぎる。 2018/05/22
結婚式の引き出物、今昔。~重くてかさばる引き出物世代がモノを貯め込んでいた? 2018/05/21
貯め込んだモノを使い切る暮らしの工夫 2018/05/19
古い携帯電話が東京五輪の金メダルに?~携帯電話・スマホの断捨離方法 2018/05/18
GDP(国内総生産)減少は若者の中古品利用?~NHKニュース7を見て 2018/05/17
夫がユニクロで買ったもの~夫はbonさんになれたのか?そして自主的に断捨離したものは。 2018/05/16

よく読まれているページ

最新コメント

にほんブログ村

プライバシーポリシー
免責事項・ 著作権について