ホームプチ節約 ≫ 振込手数料を節約する方法とは。家賃や仕送りなど、子どもの進学時に採れる対策

振込手数料を節約する方法とは。家賃や仕送りなど、子どもの進学時に採れる対策

この春お子さんが進学し、一人暮らしを始めたというご家庭もあるのではないですか?進学には莫大な費用がかかりますが、その後も家賃や仕送りの度に、少額だけれど積み重なるととても大きいこと、それが「振込手数料」なんです。

ゴールデンウィークも終わりに近づき、久しぶりにお子さんが帰省されているお家もあるのではないでしょうか?この機会にちょっと振込手数料について検討してみませんか??



スポンサーリンク

家賃の支払いはなぜ引き落としではなく振込が多いのか?これが手数料節約を考えるきっかっけ


我が家は田舎に住んでいますので、この地域に住むほとんどの子どもたちが、地元に就職する場合をのぞき、高校卒業と同時に親元を離れ一人暮らしをすることになります。

みどり子の子どもたちも全員そうでした。

子どもたちを一人暮らしをさせるにあたって気づいたことなのですが、なぜ家賃の支払いは「引き落とし」ではなく「振込」なのでしょう?

我が家の場合、東京に出した子どもたちの賃貸物件は、全て(途中引っ越しもしたので全部で5軒)振込方式でした。末っ子だけ地方都市に進学したのですが、ここはなぜか銀行から月々引き落としでしたのでとても楽でした。ですので家賃の振り込みは地域性があるのかな?と思いこんでいました。

ところが今回ちょっと調べてみたところ、地域性の問題でもないようです。

かなり多数の物件を抱えた大家さんでないと銀行側が引き落としをなかなか設定してくれないようですね。不思議な話です。引き落とし設定することで大家さん側にはメリットがほとんどないようなのです。ですから多くの大家さんが物件の家賃を振込にしているというのが実情のようです。

息子が住んでいたアパートなど、同じ敷地に大家さんの住宅があるというのに、振込でした。

借りる側としては、毎月振り込む、という手間がある上に振込手数料というものがかかってくるのですから大問題です。

振込手数料の高さにびっくり。どうやったら節約出来る?


みどり子の地元の金融機関では、通常窓口で1件3万円以上の振込手数料、 なんと1回864円もするんです。年間にしたら1万円以上になるなんて!この低金利の時代にありえなくないですか?

もちろんATMにすれば多少安くなりますが、それでも他行宛て3万円以上だと1回648円です。とても黙って見過ごすことのできない金額です。

そこでなんとか振込手数料をタダにする方法はないものか?と当時のみどり子は頭をひねって考えました。

ネットバンキングだ!それも大家さんの振込先の銀行に口座を作ろう。


よし、ネットバンキングを使おう!まずそう考えました。インターネットを使ったネットでの振込は手数料が基本的に安めに設定されているからです。

みどり子の子どもたちが進学をした今から10年以上前は、まだ今ほどネットバンキングが一般的ではありませんでした。
しかし以前からイーバンク銀行(今の楽天銀行)に口座を作っていたみどり子は、それほどネットバンキングに対するアレルギーはありません。これが一番手数料の節約になるだろうと考えたのです。

東京とその近郊に物件を借りていたうちの子どもたちの大家さんの振込先は、どちらも大手都市銀行M銀行でした。もちろんみどり子の町にも近郊の街(80キロ離れた都会)にもM銀行などありません。ネットバンキングするにも口座が作れなければ話ははじまりません。どうしよう?

そこでM銀行のホームページのサイトをよくよく読んで見ると・・・

・M銀行は同じ銀行内であればATM、ネットバンクでは支店間の振込手数料がすべて無料。

・近くにM銀行がない人でも、郵便でのやりとりでM銀行に口座開設、ネットバンクの申し込みができる

ということがわかったのです。

よし、これをやるしかない。

さっそく夫名義でM銀行に口座とネットバンクの申し込みをしました。これは2-3回の郵便のやりとりで出来たと記憶しています。免許証のコピーなども必要でした。これでM銀行の指定した支店の通帳が送られてきました。口座開設完了です。

さて次は振込です。

学資保険の満期保険金をまずその口座に振り込んだ。


子どものために頑張って続けていた学資保険が18歳で満期になりました。入学金などに使いましたが、その残りを家賃の1年分くらいまとめて一度に、M銀行に振り込みました。

当然これも地元銀行のネットバンキングを利用し、振込手数料を最小限に押さえました。(当時で600円台で済んだと思います)

あとは毎月末、我が家のパソコンからM銀行のネットバンキングを利用して大家さんの口座に一定金額を振り込むだけです。振込手数料は一切かかりません。これは家でほぼ365日24時間いつでもできますから、銀行に足を運ぶ手間も節約、手数料も節約、一石二鳥です。

また各銀行によって名称は違うと思いますが「マイパターン登録」という設定があり、「ここの口座の誰誰さん名義の口座に○万円振り込む」というパターンを登録しておくことができるので、いちいち大家さんの支店名口座番号を確認する必要もなくとても楽でした。

案外知らない人が多い、毎月窓口で振り込んでいる友人たち。その手数料もったいないよ


みどり子の子どもたちは、もう独立しているので今はありがたいことに家賃を振り込む必要はなくなりました。

が、周りの知人友人たちの話を聞くと案外子どもの家賃の支払いを、窓口で毎回振り込んでいる人が少なくないのです。「ほんと面倒くさい。なんで引き落としにしてくれないんだろう?しかも手数料高いし」と愚痴りながら。

親しい友人にネットバンキングのことを説明して勧めたりもするのですが、中にはネットショッピングすら恐ろしくてできない、という人も案外いたりするのです。私と同世代かもう少し若い4ー50代の人でも、そういう人が少なくはありません。

それがネットの銀行となるとなおさらです。

みどり子は10年以上ネットバンクを利用していますが、フィッシング詐欺などの危ない目にあったことは一度もありません。これは注意しなくてはいけないことがいくつかありますから、誰にでも簡単にお勧めできることではないのかもしれません。

しかし、パスワードの管理、銀行を名乗った怪しいメールに個人情報を入れないなど、基本的な注意をしていればそれほど難しくないとは思います。

ゆうちょ銀行も少しは安いけれど


また今ではゆうちょ銀行のATM手数料も安くはなってきているようです。ただこれはATMまで行かなくてはなりませんね。

ゆうちょダイレクト(ネットバンキング)の手数料は多少は安いようですが、それでも他銀行だと3万円以上の振込で1回432円もします。ゆうちょ銀行間同士なら月5回まで無料ですが、私の知る本当に狭い範囲に限りますが、賃貸物件の家賃の振り込み先でゆうちょ銀行というのは聞いたことはありません。やはり大手都市銀行、地方銀行が多いようです。

仕送りはどうしていた?こういうときこそ便利なのが全国どこにでもあるゆうちょ銀行。


みどり子の子どもたちは全員奨学金制度を利用しています。ですので大学の学費はほぼそれでまかなうことができました。(今働きながら返済しています)家賃は親が支払うから、それ以外の生活費は頑張ってアルバイトでまかなってちょうだい、というのが我が家の方針でした。

とはいっても、入学当初はすぐにアルバイトができるわけでもなく、時々は月にいくらかの仕送りをしてやらなければならないこともあります。

そんなとき便利なのがなんといっても「ゆうちょ銀行」です。全国津々浦々、どこにでもありますから。みどり子の住んでいる田舎町にもあります。日本中どこにいってもあるというのが本当にありがたい。

・まず子ども名義のゆうちょ銀行の通帳を、親であるみどり子が管理し,キャッシュカードだけ子どもに渡します。

・子どもが必要になった時、親がATMに行き子どもの名義の通帳に入金をするだけ。(ゆうちょダイレクトの手続きをしてあると、ネットで取引できますから、家のパソコンでこの作業ができます。みどり子はそうしていました)

・これでその次の瞬間に子どもはキャッシュカードでお金を引き出すことができます。

・これは「振込」ではないのでもちろん手数料はかかりません。

これは、かなり知られている方法なので多くの親御さんが利用しているかもしれませんね。ただしこの後に注意点がひとつ。

ここでチェック。子どもが無駄な手数料を払って出金していないか。


これで子どもへの仕送りの手数料はタダだわ、と安心してはいけません。その後、たまにきちんと通帳を記帳してください。(またはネットで出入金を確認する。)これで何月何日に子どもがいくら引き出したかがわかります。

ここに「手数料○○○円」と書かれていたらもう怒り!です。たかだか5千円や1万円を引き出すのに数百円の手数料を払っているのです!

ゆうちょ銀行のATMでカードで引き出せば当然手数料はかかりません。ところが子どもたちは、なんと平気で手数料のかかるコンビニで引き出したりするのです。コンビニは確かに便利でしょう。でもコンビニで土日、夜間などに引き出すと手数料がさらに高くなるのです。

親がこれだけ頭を使い、少しでも節約し、手数料をタダにしよう、安くしようと工夫していることをこんこんと言い聞かせ、コンビニで引き出さないよう、子どもに通告しないといけません。

まとめ


子どもにお金がかかることは学生時代だけではありません。その後も思わぬ所でかかることが案外出てくるものです。

かかるものはしかたがない。でもそれに付随する振込手数料などのように、節約出来るところは少しでも頭を使って節約するようにしていきましょう。親がやっている姿を見れば、子どもも見習うようになりますよ、きっと。(と思いたい、みどり子でした)


関連記事

コメント

こんにちは

参考になります!!
うちは職場近くの駐車場代の支払いに苦労していました(>_<)

ネットバンキングはやっていたのですが、パスワードが分からなくなってしまい、そのため解約しないといけないのですがいまだに手続きをしていません(;´Д`)

少しでもお得になるならさっそく手続きしなおしてみます!

syusyu | 2016.05.07 16:35 | URL


コメントありがとうございます。

syusyuさん コメントありがとうございます。
ネットバンキング、パスワード管理等大事ですよね。
ぜひやってみてください。

みどり子 | 2016.05.09 17:51 | URL














管理者にだけ表示