スポンサーリンク

「ほどほど掃除のしかた」を読んで。数日拭き掃除をしていなかった玄関たたきを拭き上げた。

3月に入ってから忙しい毎日になってしまったのを言い訳に、掃除が全くおろそかになっているみどり子です。

トイレ掃除は使い捨てシートでなんとか掃除していますが、掃除機かけは毎日は出来ず。玄関たたき掃除にいたっては1週間ほど全くやっていませんでした。

辰巳渚さんの「ほどほど掃除のしかた」を読んで、モチベーションアップです。

スポンサーリンク

片付いていない部屋を他人に見られるのは恥ずかしいこと?


図書館の棚に最近この手の本を見掛けるとすぐに借りてきてしまいます。

掃除本、片付け本に書いてあることは昔から変わらない内容、書いてあることは同じだと言う方もいます。

それも真実だと思います。ただみどり子のようにどうしてもすぐ怠けてしまう者には、これらの本を読んで気持ちをリセット、やる気をアップすることも大切な作業です。

本を読んで何か役立つことがひとつでも書いてあれば儲けもの、と言う気持ちで読んでみるのです。

17ほどほど掃除

辰巳渚さんのこの本の中には、まずこんなことが書かれていました。

「家の中やクローゼットの中を見られることは恥ずかしいことですか?」

お仕事柄、個人宅や教育機関などを訪ねてることが多い辰巳さん。事前に約束しての訪問であるにも関わらず、部屋やクローゼットを見せてもらうときに、皆一様にそわそわし始め「すみません」「すみません、片付いてなくて」という言葉を発するそうです。

「すみません」と言われるお宅は大抵はそんなに散らかっていないそう。

それでもなぜ「すみません」と辰巳さんに対して謝るのか。

完璧に片付いていないと恥ずかしいという気持ちになってしまう人が多い。でも人間が生活しているのだから完璧でなくてもいいんだよーというのが辰巳さんの主張です。

★ポチッとしていただくと励みになります。↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

私の家に今、人が急に訪ねて来たら・・・


今私の家に、急に人が訪ねてきて上がることになったらどうでしょう?

と思って周りを見回してみました。

玄関は玄関用のサンダルが出ているだけだから、一応キレイ。ほこりはあるかも。でも見えないよね。

リビングにに通すとして、ソファーの上のクッションやひざかけ毛布などを一瞬で片付け(収納に放り込む)。

テーブルの上にはテレビのリモコン、飲みかけのマグカップ1個。新聞がありますが、3点だけなので「どうぞ、どうぞ」と言いながらささっと片付ける。

床にゴミは落ちてない、よし!

あっ食卓の椅子の背もたれに2つもバッグがかかっているけれど、これはリビングからは死角かな?いいことにしよう。同じくパソコン前も散らかっているけれど、死角ということに。

トイレはさっき入った時に、トイレシートで簡単に掃除したからOK。

突発的にお客さんが洗面所に入ることになったらちょっとまずいかも。

でも一応来客の通る範囲はなんとかなりそうです。

それでも私もこの本に書かれている人のように「散らかっていますけど、どうぞ-」と言ってしまいそう。

以前の私としたらこれでも片付いている方なんですけどね。

口をついて挨拶代わりに出てしまうのが「散らかっていますけど」「片付いていなくてすみません」という言葉なのかもしれません。

やはりみどり子のようなぐうたら主婦でも「完璧じゃなくてごめんなさい」という思いがどこかにあるのかもしれません。

目標値を下げる「ほどほど掃除」の提案にほっとする。


辰巳さんはこのように「家の掃除や片付けが完璧じゃなければ恥ずかしい」という思いを持ちすぎているのじゃないかと書かれています。

人によって「気になる尺度」は違う。

辰巳さんの場合は、目が悪いからほこりは余り気にならないそうです。(←わたしも!)

でもカーテンの閉め方、読みかけの新聞が放置されていると気になってすぐに直すそう。

人それぞれ、「ここがきちんとしていないと嫌だ」というポイントがある。そこさえきれいになっていれば、そこにいる人が心地良ければいい。

それが「ほどほど掃除」ということだという提案をされています。

掃除機がけも、雑巾がけも毎日じゃなくていい。もちろんそれが気になって毎日したい人はする。

自分の掃除、片付けの「こだわりポイント」を見つけることが快適に暮らすポイントだと書かれています。

みどり子のお掃除、片付けのこだわりポイントとは。


では私の掃除、片付けのこだわりポイントはどこなんだろう?と考えてみました。

まず一応玄関。

以前の飾り物が多く、ほこりがたまったスリッパ入れが置いてあった玄関からすると、モノが少なくすっきりとした状態は保っていると思います。

関連記事→不要なスリッパ入れを断捨離、毎日目にしていたのに気がつかなかったもの(写真あり)

あとは食卓テーブルの上にものを置かないこと、でしょうか。花も飾っていないかわりに食事が終わったらできるだけ早く、とりあえずものを片付け、食卓の上はフラットにしようと心がけています。(洗い物が後回しということは多々ありますが)

ただこれ、食事の時はいいのですが、おやつの時間、コーヒーを飲みながら新聞や本をを読んだりしているとついついそのままにしてしまうことがあります。これ気をつけなくては。

まずは私のこだわりポイントは玄関と食卓テーブルの2点。

あとは床の上にゴミが落ちていたりモノが置かれていたりしない、を追加。

これ普通の人には当たり前過ぎますが、みどり子は以前は割と平気でやっていたこと。

忙しい日が続いたとき、掃除機がけができなくても、床拭きができなくても、この三点が守れていれば、自分が、家族が心地いい。

これを守るように心がけて行きたいと思います。

玄関のたたき掃除をしなくては。


ということでわたしの「ほどほど掃除」のポイントのひとつ。玄関を最近掃除していないことに気付きました。

というか気付いていたけど目をつむっていました。

なのでさっきさっそくやってきました。

ほうきとちりとりでささっとたたきを掃いて、ぬらしたウエスで拭き上げ掃除。

本当はたたきの拭き上げは毎日することにしていたのに、ここ1週間忙しさにかまけてやっていなかったのです。

関連記事→玄関を掃除すると運気が上がるって本当ですか

この掃除の仕方は、私が尊敬する人気お掃除片付けブロガー「ごんおばちゃま」のブログや本に書かれていた方法です。

本にも書かれているように、毎日ぬらしたウエスでたたきの拭き掃除をしているとウエスが汚れなくなる。だから洗って繰り返し使えるようになるというのです。

わたしも毎日掃除をしていると、ウエスが汚れなくなったので10日くらいは同じウエスを洗って使っています。

でもさっき1週間ぶりに拭き掃除するとやはり汚い。春はほこりが舞い込みやすい季節なのですぐにウエスが黒く汚れてしまいました。今日のウエスは使い捨て。

毎日やらないっていうことはこういうことなんだなと改めて実感。

ほどほど掃除でハードルを下げて。


もともと掃除や片付けが苦手なみどり子のような人にとって、完璧なんていうことはありえないのです。

この本に書かれているようにそこに住む人が気持ち良く暮らせるこだわりのポイントさえキレイになっていればいいという「ほどほど掃除」という考え方に少し気が楽になった思いがしました。

辰巳さんでも「10分あれば人を家にあげらる」を目指そうと書かれています。

「いつでも人を家にあげられる」ではないとことがとてもシンパシーを感じました。

わたしでも今なら10分あれば人を家に上げられます。(収納スペースや引き出しを開けられたら焦りますが)

この本には辰巳さんおすすめのお掃除グッズが写真入りで紹介されていたり、雑巾の絞り方も手順写真入りで載っていたりとても勉強になる本です。

また辰巳さんがお子さん2人と暮らしている築40年の古い一軒家の内部の様子も紹介されています。

ちょっと昭和の雰囲気のある玄関や、和モダンで落ち着きのあるリビングなど。見ているだけで楽しい写真もあり。

興味のあるかた、ぜひ読んでみてくださいね。

辰巳さんってどうもおばあちゃんだと勘違いしていた。


辰巳渚さんって断捨離ブームの先駆けとも言える「捨てる!技術」というベストセラー本を書かれた方なんです。

わたしはこの本も持っていました。が、たいして読まない内に放置していたので断捨離してしまった。

この時から私は辰巳さんって年配のおばあちゃまだと思い込んでいたんです。

実際今回の本には辰巳さんのお姿も小学生のお子さんも映っていますが、お若いきれいな方。(今現在は50代のようです)

辰巳さんをおばあちゃんだと思い込んでいたのはなぜだったかわかりました。

先日NHKのきょうの料理を見ていた時、辰巳芳子さんという90代の料理研究家さんが登場されていたからです。いのちのスープでおなじみの方です。

どうもわたしは「辰巳」という苗字で勝手にこの辰巳芳子さんをイメージしていたようです。まったくおっちょこちょいなことでした。

辰巳芳子さんのスープも好きだし、辰巳渚さんのお掃除の本もよかったし。まあまた勘違いしちゃうかな?

そうそう、辰巳渚さんのベストセラー本「捨てる!技術」。たいして読まないで断捨離してしまったので、今度改めて図書館で借りて読んでみたいと思っています。


コメント

真由美

一緒です
みどりこさん、こんにちは😃毎日暑いわねーお久しぶり!
私も辰巳さんと言えばやっぱり芳子さんのスープです!勘違い
私と同じ52歳で亡くなられた?
残念です 完璧主義!以前私もそんな面ありました。こだわりのポイントねー
確かに仕事や人間関係もですが自分の物差しを持つとすごく判断しやすいし、楽な気がします。私も玄関とテーブルの上、みどりこさんと一緒だわ、最近は忘れ物をなくすためバックなら中身を毎日全出ししてトレーに並べるようにしました。量の目安になるし確認作業にもなって空のバックを休ませてあげれるし、続いてます。私の場合みどりこさんに教えてもらったりの情報はなんでも試すようにしてるけど、続かないものは潔く辞めるようにしてます。その方が自分がどういう人間かわかってきます。いつも貴重な情報ありがとうございます😊
まだ色々書きたいけど長くなりそうだから、、

みどり子

Re: 一緒です
真由美さん、こんにちは。

真由美さんは辰巳渚さんと同い年だったのですね。交通事故とのこと、本当に驚きました。お若いのに。本当に人って明日のことはわからない。だから毎日しっかり生きていかなければ・・・と思いつつ。そうはいかない凡人なのです。

バッグの中身を毎日全部出すって、いいですね。

私など、あちこちのバッグにモノを入れているので さがしものをすることが多い始末。バッグの数も減らさなければいけないのですが、中身を出して空にしてあげることが先かもしれません。

コメントありがとうございました。
非公開コメント

みどり子

50代後半片付けられない主婦みどり子に突然起こった人生の転機。夫の失職そして病。泣いてばかりはいられない。
60歳までに今の暮らしをミニマムに、物も生活も三分の一にすることを目標に断捨離と掃除を節約を1から頑張る記録を綴ります。

お気に入りに追加お願いします。




ボタンが反応しない方は[Ctrl]と[D]キーを同時に押すとお気に入り追加できます。


ランキング参加中
クリックで応援よろしくお願いします。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

最新記事

衣装ケースは一人何個?~洋服を断捨離した結果 2019/04/21
引っ越し当日にまずチェックするべきこととは~我が家の台所 2019/04/17
我が家にダイニングテーブルがやってきた~食卓テーブルを選ぶ基準とは 2019/04/07
引っ越し挨拶する しない?~挨拶の品の選び方 2019/03/28
段ボール家具生活しています。~一戸建てからマンションへ その2 2019/03/19
固定電話(いえでん)断捨離しました。~引っ越しで断捨離したもの その3 2019/03/12
デスクトップパソコンを処分する方法~引っ越しで断捨離したモノ~その2 2019/03/07
バラバラの衣装ケース、どうする?~引っ越しで断捨離したモノ~その1 2019/03/05
引っ越し無事完了。~みどり子関東在住になりました。 2019/03/03
引っ越し段ボールは何個?~一戸建てからマンションへ その1 2019/02/20

よく読まれているページ

最新コメント

にほんブログ村

プライバシーポリシー
免責事項・ 著作権について