スポンサーリンク

「お金持ちの家が片付いているわけ」mixiニュースから考えたこと。

今日のmixiニュースにこんなタイトルのコラムがありました。

お金持ちの家は本当にすっきりと片付いているのでしょうか?

スポンサーリンク

お金持ちの家は広いから片付いて見えるのか?


今日のmixiニュース「お金持ちの家が片付いているわけ」。これにはまずタイトルにひかれて、思わずクリックして読んでしまいました。

ニュースというより、コラムという感じの文章ではありましたが、ちょっと納得する部分もあり、またこのニュースに対するコメント欄も面白く読みました。

mixiニュース

7f1c9bc715f39ecafbfc95f73a447da1_s.jpg


コメントをしている人の中には「お金持ちの家は片付いているのではなく、ものを保管するスペースがあるから片付いてみえるだけなんだ」と反論している人もいます。

確かに、お金持ちの人は家が広く、収納スペースもたくさんあるでしょうから、家の生活スペースにものがあふれることがない、と考える気持ちもわかります。

でもこれはどうなんでしょう。

我が家はお金持ちとはほど遠い家ですが、今もまだ無駄に広い家に住んでいます。以前は6人で暮らしていた家に夫婦2人だけ。
収納スペースは充分過ぎるほどあり、空いている子ども部屋も3つもあります。

それでも生活空間にはものがあふれて、散らかっている状態。(今は少しずつ断捨離、片付けを頑張っている最中ですが)

ですから、家が広い→ものを保管するスペースがある→片付いてみえる、というのはちょっと違うかなというのは実感として思います。

では、本当のお金持ちの家ってすっきりしているんでしょうか?

★ポチッとしていただくと励みになります。↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

みどり子の知人の家はお金持ちでとてもスッキリしていた。


以前にブログに書いたことがありますが、みどり子の知人、尊敬する年上の女性Kさんのお家はとても大きく立派な豪邸です。

そしてそのお宅はとてもすっきりと片付いているのです。

裕福なお金持ちで、人に優しい人はお家もスッキリきれいなのはなぜ?

その方はご主人が一代で会社を築き、大きくされた方で、郊外にある立派な豪邸にお住まいです。

広い敷地に広いお家ですが、決して華美な装飾はなく空間がとてもひろくゆったりとしています。

そのお家以外に、駅前のマンションの高層階にもひと部屋を持っていらして、ふたつのお家を行ったり来たり使っています。そちらにもお邪魔したころがあります。

お邪魔すると、家の中を全部案内してくれて、ご主人こだわりのデスクの引き出しの中まで見せてくれたり、押し入れの中まで「どうぞどうぞ、みどり子ちゃん見てちょうだい」と見せてくれます。

決して自慢しているわけではないのです。デスクの中も、本当に最小限の筆記用具が数本きちんと収まっていたり、押し入れの中も空間が空いていてすっきり、片付けも掃除も行き届いているんです。

この知人Kさんの例を考えると「お金持ちはものが少ない、家がすっきりしている」というのがまさに当てはまっているお宅だと思います。

かなりの財力はあるお家だと思いますが、家の中に派手な調度品や美術品があるわけではありません。

お孫さんたちも交えたご家族の写真・・・・写真館で撮ったそれを小さな写真立てに飾っていたり、お花をさりげなく飾っている程度。でもそのどれもセンスがいいのです。

おそらく、ソファーやテーブル、カーテンなどはとても高価なものかもしれませんが、みどり子にそれとわかるようないわゆる派手で豪華絢爛なものではありません。

使うところに使って、無駄なところには使わない。まさにすっきりしたリッチな空間で暮らしている方です。

お金持ちの家が片付いているのはお手伝いさんがいるから?


このニュースのコメントには他にも「お金持ちはお手伝いさんが片付けているからなんじゃないの?」とか「家をいくつも持っているから持ち物を分散しているだけ」という意見を書いている方もありました。

前述のKさんの場合、市内にお家を二軒所有し暮らしています。そのどちらも訪れたことがありますが、決して持ち物を分散しているというイメージではありません。

明らかにものは少ないです。(収納なども全部開けて見せてくれるのです)

そしてお手伝いさんもいません。これに関しては私はぶしつけと思いながらKさんに聞いたことがあります。

70後半のKさんは、ご主人の会社の仕事を今でも時々手伝いながら、様々な団体にも所属してとても忙しい日常を送っている方。それなのにお家の掃除がとても行き届いているのです。

み 「どうしてこんなにきれいなんですか?お掃除の人に来てもらったりしてるんですか?」

Kさん「するわけないじゃない。みどり子ちゃん。わたしがお掃除おばちゃんなのよ、なんでもやっちゃうわよー。」

Kさん「庭だってね、そりゃ大きい木なんかは庭師さんにやってもらうけど、うちの主人が雑草取りでも草刈りでもなんでもやるのよ」

み  「びっくりー!」

Kさん「あっ、でもね。娘にプレゼントしてもらったルンバちゃんがいるわよー。すごい働き者。おばちゃん思わず、ルンバちゃんの後追いかけながら見ちゃうけどね。あっはっはーー」

そうなんです、Kさんはハイシニアの社長夫人ですが、大きなお家の掃除にお手伝いさんや掃除の業者さんに来てもらっているわけではないんです。

全部ご自身とルンバでやっているんです。

モノが少なくすっきりしているお宅だからいくら広くても、掃除がしやすいんだろうなと思いました。そしてKさんご自身がとても働き者なんです。

貧乏人はモノを捨てられない、モノに固執する?


このmixiニュースの中の文章を引用させていただきます。

また、モノを捨てられない人は、モノに執着するあまり、先行投資を恐れ、人に与えることができない、自分に自信を持っていない人が多いそうです。

さらに、自分のモノを失うことを恐れるということから、リスクのあるチャレンジを避ける傾向もあるとのことです。

引用 mixiニュース



みどり子はいわずもがな、モノを捨てられない人間です。(でした。少しずつ頑張っています)

モノへの執着はかなりあります。

確かに気っぷ良く人に何かを与えるタイプではないです。

そしてなにより当たっているのは「自分に自信を持っていない」という点。

このニュース(コラム)にはちょっと頭をかしげるような部分もありますが、ここに関してはちょっとうなづいてしまいました。

子どもの頃からずっと自分に自信がない人生を生きてきました。だからモノにこだわって、モノにすがって生きていてしまったのでしょうか。

このニュースに書いてあるように貧乏人がモノに固執するのか。モノに固執するから貧しい人生になるのか?どちらなんでしょう。

アラカンのみどり子、これからの人生、お金持ちになることはないと思いますが(宝くじが当たれば!あるかも)、スッキリした家に暮らすことは今からでも頑張ればできることです。

モノをコツコツと断捨離して、すっきり片付いた部屋を目指します。

コメント

あさゆ

みどりこさん頑張ってーーフレフレー
10年後に同じ事をやるのはもっと大変です
20年後はもっともっと大変です
うちの父70代と先日実家の大物を断捨離しました。
20年前に買ったイタリア製のチェストとランプ。日焼けが酷かったのです。
父は粗大ゴミ置き場に運び終わった後、
「今まで、何年も楽しませてくれてありがとう」と物に向かって言ってました。
父は物を大切に扱う人ですが、
整理整頓魔、ミニマリストです。
見習いたいものです。



ぢょん でんばあ

オカネモチ
こんにちは~。

興味深い考察ですね。

昔の仕事で、お客様のご自宅を訪問することがありました。

片付いたお宅がお金持ち、とは限りませんが、散らかったおうちにお金持ちは無い、というのは確かです。

それから、いつもきれいだったお宅がなんだか薄汚れて散らかってくると、遠からずお支払いが滞ります。

お金持ちの方って、基本的に怠け者はいない、皆さんすごい働きものなんですよね。だからお金持ちになるし、おうちもキレイなんでしょうね。

みどり子

Re: タイトルなし
あさゆさん、こんにちは。

お父様と断捨離をなさったんですね。ものを大切に使って、きちんと不要になったことを判断し処分できるお父様、すばらしいです。それをお手伝いするあさゆさんも。

おっしゃるとおり、同じ事を10年後やるとなったらとても大変だと思います.精神的にも体力的にも。

いえ、10年といわず、5年後、3年後でも大変でしょう。

少しでも楽に断捨離、片付けをするには一刻も早くやることだと思います。日々衰える体力を考えると。(←言うだけは簡単)

わたし自身この頃小さなものをちまちまと断捨離するだけなので、あさゆさんのお父様をみならって大物をがんばろうかな。

みどり子

Re: オカネモチ
ぢょん でんばあさん、こんにちは。

お仕事の関係で様々なお宅を訪問されることがおありだったのですね。

きっと様々なお家を見てこられて思ったことなんでしょうね。
いろいろ勉強になりそうです。

そうですね、わたしはお金持ちの知り合いは少ないですが、このKさんはとにかく働き者です。充分裕福なんだから、そこは誰かプロにやってもらっても・・・と思うのですが、そうしない。
ご夫婦で働き者だからこそ、一代で財をなしたのだと思います

コメントありがとうございました。

ちらかしま

お金持ちはいいものしかおかない
お金持ちは高くても長持ちしたりいい悪いがはっきりしたものをお持ちのはず。洗濯してのびきったり縮んだ服に未練はないし、本は書棚、使わないサラダボールは人にあげても恥じゃない高級品だからかなあ。
いつか使うからとっておくための蔵があればね。

みどり子

Re: お金持ちはいいものしかおかない
ちらかしまさん、こんにちは。

たしかにそうですね。

お金持ちの方がいいものを持っていらしたら、いらないと思って処分したいときも引き取り先はたくさんありそう。

私の場合、引き取ってもらうほどのものはないし。困ったものです。
非公開コメント

みどり子

50代後半片付けられない主婦みどり子に突然起こった人生の転機。夫の失職そして病。泣いてばかりはいられない。
60歳までに今の暮らしをミニマムに、物も生活も三分の一にすることを目標に断捨離と掃除を節約を1から頑張る記録を綴ります。

お気に入りに追加お願いします。




ボタンが反応しない方は[Ctrl]と[D]キーを同時に押すとお気に入り追加できます。


ランキング参加中
クリックで応援よろしくお願いします。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

最新記事

衣装ケースは一人何個?~洋服を断捨離した結果 2019/04/21
引っ越し当日にまずチェックするべきこととは~我が家の台所 2019/04/17
我が家にダイニングテーブルがやってきた~食卓テーブルを選ぶ基準とは 2019/04/07
引っ越し挨拶する しない?~挨拶の品の選び方 2019/03/28
段ボール家具生活しています。~一戸建てからマンションへ その2 2019/03/19
固定電話(いえでん)断捨離しました。~引っ越しで断捨離したもの その3 2019/03/12
デスクトップパソコンを処分する方法~引っ越しで断捨離したモノ~その2 2019/03/07
バラバラの衣装ケース、どうする?~引っ越しで断捨離したモノ~その1 2019/03/05
引っ越し無事完了。~みどり子関東在住になりました。 2019/03/03
引っ越し段ボールは何個?~一戸建てからマンションへ その1 2019/02/20

よく読まれているページ

最新コメント

にほんブログ村

プライバシーポリシー
免責事項・ 著作権について